【音声あり!】渋谷の昼にストリートナンパで美人系の21歳大学生とセックスした話

どーも!パーマです!

今回は初めての試みとして、ナンパ音声をあげてみます!

今回はテスト的な感じですね。

特にリクエストなどなかったですが勝手にやらせて頂きますw

なお、音声はしっかり撮れてた音声があまりなく3月のものとなっています。

音声のバックミュージックが懐かしいw

音声の説明

このツイートですね。

結構、前のやつw

とりあえず、声かけの音声をどうぞ!

書き起こし

パーマ「えらい暇そうに歩いてるね」

   「なんか、フラフラって何してるのかなと思って」

   「なんか、すげー優雅に歩いてるなと思ってちょっと声かけちゃったんですけど」

女の子「www」

パーマ「今何してるんですか?買い物行ってきたみたいな?」

女の子(首を振る)

パーマ「あ~、めちゃめちゃ美人だと思って声かけちゃったんですけど。ナンパなんですけど。」

「え、ちなみにひま?」

   「ひまだったら、僕のど渇いちゃって5分ぐらいだけお茶いきません?」

女の子「www」

パーマ「え、今何してるの?ちなみに」

女の子「ぷらぷらしてる」

パーマ「ぷらぷらwぷらぷら一緒にします?今から」

   「俺も暇してて、8時ぐらいから飲み会なんですけどそれまで何もなくて」

   「それか、そこにイタトマ、、、イタリアントマト分かる?」

   「で、ちょっと話しません?」

女の子「ちょっとw」

パーマ「あ、話合わなかったらソッコーで帰るんで」

   「え、何かあれです?何か用事、用事あるかなみたいな?」

女の子「いや、ないです」

パーマ「あ~、じゃあ行きましょう?」

女の子(体を後ろにそらして「え~」みたいな態度とる)

パーマ「www」

   「こんなブサイクな奴について行きたくねーよみたいな?」

   「じゃあ、夜用事あるみたいな?」

女の子「うんん」

パーマ「何もなくて?」

女の子「うん」

パーマ「じゃあ、行きますか」

女の子(体の重心を後ろにする)

パーマ「www」

   「めっちゃひきぎみ、ひきぎみみたいな?」

   「どうしようみたいな顔してる」

   「じゃあ、あれなんだ。目的もなくみたいな?」

女の子「うん」

パーマ「じゃあ行きましょ。俺も目的無くひましてて」

   「俺、そんな怪しくないですよw」

   「いや、ちょっとのど渇いたじゃないですか?」

   「オレンジジュース飲みましょ」

女の子「う~ん」

パーマ「う~んって(笑)いや、なんかめっちゃひまそうに歩いてるんで、え~どうしたのかなと思って」

女の子「明日、用事で、、、(聞き取れませんでした。おそらく前泊する的なこと)」

パーマ「じゃ、あれですか?関東じゃないみたいな?」

   「あ、こっちです」

   「どこに住んでるんですか?」

女の子「関西です」

パーマ「あ~、じゃあ用事あってこっち来て東京観光みたいな?」

女の子(うなずく)

パーマ「あ~、なるほど、そういうことなんだ。だから渋谷の街こんな感じなんだみたいな」

   「あ、ここですけど」

(店に入る)

店員「いらっしゃいませ~、お先にお席お取りくださ~い」

音声解説

やっぱり、いつ聞いても自分の声は恥ずかしいですねw

あと、滑舌が悪いのは気にしないでくださいw

声をかけた状況は16時ごろの渋谷です。

街でみた女の子の印象は

・暇そうに歩いている

・目鼻立ちがはっきりしている(系統的には北川景子みたいな感じ)

・小柄で年齢は自分と同じぐらい?

書き起こしてて思ったのですが8、9割が僕が話してますねw

後で聞いたのですが、結構人見知りするタイプみたいです。

では、解説していきます。

パーマ「えらい暇そうに歩いてるね」

   「なんか、フラフラって何してるのかなと思って」

   「なんか、すげー優雅に歩いてるなと思ってちょっと声かけちゃったんですけど」

女の子「www」

まずは、いわゆる「オープナー」と呼ばれている部分ですね。

声かけて相手の反応を待つのではなく、反応があるまで言葉を投げかけています。

今回の場合は「すげー優雅に歩いてる」っていうフレーズで笑ってくれて反応がとれました!

パーマ「今何してるんですか?買い物行ってきたみたいな?」

女の子(首を振る)

パーマ「あ~、めちゃめちゃ美人だと思って声かけちゃったんですけど。ナンパなんですけど。」

「え、ちなみにひま?」

   「ひまだったら、僕のど渇いちゃって5分ぐらいだけお茶いきません?」

女の子「www」

オープナーで反応が取れたので「何しているのか」という質問を投げかけたのでですが、あまりいい反応が取れませんでした。

ですので、切り替えて自分が声をかけた理由を説明しています。

忘れちゃいけないのが自分と女の子のギャップです。

自分は、悪いこと(犯罪など)しないと分かってますが、女の子にとっては目の前にいる男がこれから何をしてくるのか?どんな奴なのか?まったく分からない状況です。

そのギャップを埋めるためにも自分が声をかけた目的を説明しましょう!

自己開示とも言うことが出来ますが、気を付けて欲しいのがいきなり自分のことをたくさん話すこととは違うということです。

女の子目の前の男が何歳で、何の仕事をやっているのかとか今の段階では全く興味ないです。

例えば、自分が街を歩いていて突然知らない人に

「私は○○系の仕事をやっていて△△に住んでるんですよね~」

とか言われても知らねーよwって感じですよね。

それと同じ感じです。

自分が話しかけた理由を伝えましょう。

自分はよくナンパであることを言っちゃいますw

これで笑ってくれることもあります。

今回の場合は「5分だけお茶しよう」で反応が取れました。

パーマ「え、今何してるの?ちなみに」

女の子「ぷらぷらしてる」

パーマ「ぷらぷらwぷらぷら一緒にします?今から」

   「俺も暇してて、8時ぐらいから飲み会なんですけどそれまで何もなくて」

   「それか、そこにイタトマ、、、イタリアントマト分かる?」

   「で、ちょっと話しません?」

女の子「ちょっとw」

ここで、また同じ質問をしています。

しかし、さっきと違って反応を返してくれてます。

このように違う話題を挟んでからもう一回同じことを聞くと答えてくれたりします。

で、2回目の打診をしてます。

ここでは、恋愛工学的なテクニックで言ったら「時間制限法」と「ダブルバインド」を使ってますが、そんなことは割とどうでもいいですw

大事なのが具体的に提示するってことです。

ここでは、行動、場所、時間を具体的に言っています。

行動として、ぷらぷらするか、イタリアントマト(カフェ)で話すかという部分では具体的な選択肢を2つ提示しています。

場所はお店に連れ出す場合には店の名前や指をさして場所を教えるのはすごく大事です。

はっきり言って、見知らぬ男にどこに連れていかれるか分からないのは怖いですw

具体的に場所を説明したほうがいいでしょう。

時間も何時までと具体的に提示するのは大事です。

このときの飲み会はうそですw

でも、具体的な数字を聞くと安心しますよね?

パーマ「あ、話合わなかったらソッコーで帰るんで」

   「え、何かあれです?何か用事、用事あるかなみたいな?」

女の子「いや、ないです」

この話合わなかったらソッコー帰るってセリフはよく使ってます。

余裕ある感じに見せてるつもりですw

パーマ「あ~、じゃあ行きましょう?」

女の子(体を後ろにそらして「え~」みたいな態度とる)

パーマ「www」

   「こんなブサイクな奴について行きたくねーよみたいな?」

   「じゃあ、夜用事あるみたいな?」

女の子「うんん」

パーマ「何もなくて?」

女の子「うん」

ここの部分の「こんなブサイクのやつについて行きたくねーよみたいな?」は微妙ですね。

もっと違う言い回しがあったように思います。

パーマ「じゃあ、行きますか」

女の子(体の重心を後ろにする)

パーマ「www」

   「めっちゃひきぎみ、ひきぎみみたいな?」

   「どうしようみたいな顔してる」

   「じゃあ、あれなんだ。目的もなくみたいな?」

女の子「うん」

これは、グダに対して女の子の行動をそのまま指摘して、笑わせに言っていますw

(ウケてないように感じるのはきっと気のせいですw)

人間って自分に一番興味あるので自分の行動をそのまま指摘されると、笑ってしまうことが多いです。

言うセリフに迷ったら、相手の行動や表情をそのまま指摘するのはおすすめです!

パーマ「じゃあ行きましょ。俺も目的無くひましてて」

   「俺、そんな怪しくないですよw」

   「いや、ちょっとのど渇いたじゃないですか?」

   「オレンジジュース飲みましょ」

女の子「う~ん」

パーマ「う~んって(笑)いや、なんかめっちゃひまそうに歩いてるんで、え~どうしたのかなと思って」

ここでは連れ出しの理由づけを言っています。

女の子は建前を大事にする生き物なので、カフェに行く理由をつけているところです。

ここではのど渇いたからというのを理由にしています。

ちなみに「オレンジジュース飲みに行こう」は僕が良く使うフレーズですw

ちなみにここら辺からカフェに向かって歩き出しています。

特に連れ出しOKのサインを待つ必要はありません。

OKサインを待たずにカフェへ入ることで連れてこられたからしょうがないという理由にもなります。

自分が悪者になる感覚ですね。

女の子側も嫌なら入る前にグダ起こします。

女の子「明日、用事で、、、(聞き取れませんでした。おそらく前泊する的なこと)」

パーマ「じゃ、あれですか?関東じゃないみたいな?」

   「あ、こっちです」

   「どこに住んでるんですか?」

女の子「関西です」

パーマ「あ~、じゃあ用事あってこっち来て東京観光みたいな?」

女の子(うなずく)

ここは和みの会話ですね。

女の子側も最初よりもだいぶ話してくれていることが分かります。

パーマ「あ~、なるほど、そういうことなんだ。だから渋谷の街こんな感じなんだみたいな」

   「あ、ここですけど」

(店に入る)

店員「いらっしゃいませ~、お先にお席お取りくださ~い」

以上が連れ出しまでの流れです。

連れ出し先のトーク

カフェには約一時間ほどいました。

この女の子は人見知りするタイプだったので一時間ほどいましたが、目安は30分から一時間ほどだと思っています。

トーク内容は

・大学の話

・就活の話

・恋愛の話

を主にしました。

若い子には恋愛の話が比較的ささりやすい気がします。

その後はカラオケへ移動して即

カフェを出てハンドテスト。

ノーグダ。

カラオケは少しグダられたが、

「アイス食べ放題」を理由に連れ出しました。

カラオケに入った後は一曲も歌わず、「いい匂いするね」でギラつき。

ノーグダでゲットという流れでした。

全体の総括として、、、

このときは、女の子が人見知りして話さない子だったので、並行トークではひたすら話しました。

たまに、「女の子が話してくれないと会話が続かない」と言っている人がいるので少しでも参考になったら嬉しいです。

疑問点や不明点がありましたらご指摘いただけるとありがたいです。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。