ストリートナンパで最近心がけていること~オープン率を高くするためには?~

こんにちは!パーマです!

今回は最近自分がストリートナンパをする際に心がけていることを書いていきます。

書いて、自分に戒めようっていう感じですw

僕がナンパを始めてもう少しで4か月が経過しようとしています。

まだまだ未熟ではありますが、ストナンの基本的な流れは経験できゴールまで行くにはどのようにすればよいか考えることは出来るようになってきました。

また、ナンパを始める前の目標であったモテるようになるというのも、いちおう達成しつつあります。

4月上旬は目的を見失って、いまいちストナンにモチベーションが上がらなくなっていました。

そこで!!

目的の再設定を行うことにしました!

ナンパをする長期的な目的(当面の目的)

A、ナンパを今よりも上達させる(目安:月10ゲット)

B、ナンパを始める前の自分と同じ境遇にいる人たち(非モテで悩んでいる、何かしたいけど行動に移せないでいる)の力になる。

Aで、月10ゲットとしたのは数に振り回されたくないからです。

ナンパにおける数はその人の実力を示す一つの指標だと思います。

しかし、それがすべてではないと思います。

例えば、どれだけレベルの高い美女をゲット出来たのかとか、自分が今まで関わることのなかった子をゲットすることが出来たとかそういうことも考慮していきたいのでこのようにしました。

で、これは活動をしていく大きな目的。

恐らく、これだけだとモチベーション維持ができません。

ってことで、もっと小さい目的を設定しました。

ナンパをする短期的な目的

①ポジショニングを完璧に

②オープナーはめっちゃ自然に

短期的な目的ってなんやねん!ってなるかもしれないですが、いわゆる月間目標みたいなやつです。

一か月ぐらいを目安にして自分のものにしていきたいと思っています。

今は現在進行形で上の2つのことを意識してナンパに取り組んでおります。

まずは、声かけの最初の部分です。

①、②について自分の考える理想な形を書いていきます。

①ポジショニングを完璧に

ここでいうポジショニングとは、第一声を言う時にいる立ち位置のことです。

自分はナンパにおいてマインドの次にこのポジショニングが大事なのではないかと考えております。

合流した時にナンパを始めたばかりの人と話していると、オープン率の低さに悩んでいる人がとても多くいます。

そう言っている人に声かけのポジションを見せてもらうと横からや斜め後ろの人もいました。

まさしくオープン率の低さはここにあると思います。

皆さんは声かけの時は前方45度のポジションに入るというのを聞いたことがあるでしょうか?

いろんな方がブログなどで言われていることですね。

しかし、自分はこれを否定することから入りました。

(自分が提案したというかよく合流するハクさんが言っておりました。)

まず、街を歩いている女の子を観察していると「スマホを見ながら歩いている」子が多いことが分かります。

これは僕が言わなくても明らかですよね。

僕の体感では少なくとも半数近くは歩きスマホしてるように思います。

ってことは、歩きスマホをしている子にも反応してもらえる声かけが大事です!

で、実際に歩きスマホをしてもらえば分かるんですけど、ものすごく視野が狭まります。

(良い子は歩きスマホしちゃだめだよw)

興味深いことにこんな論文も見つけました↓

スマートフォン利用が有効視野に及ぼす影響

要するに、歩きスマホで複雑な作業をするほど視野は狭まるよってことですね。

また、あなたはスマホに集中してるとき声をかけられたらどうしますか?

顔を上げると思います。

顔を上げる=前を向く

だと思います。

これは、スマホに集中しているため声が聞こえた位置も正確にとらえられないのでは?と思ったからです。

では、本当に前方45度からの声かけがいいのか?

いいえ、もっと前です。

自分は60度か70度ぐらいなのではないかと思っています。

(実際に実験してみて最適な角度を探しました。withハクさん)

概要図はこんな感じ!(パーマの下手くそな図ですいませんw)

フロントの場合で考えればもっと分かりやすいですね。

と、まあ長々と解説してきましたが、知り合いを見かけて声をかけることを考えればいいと思います。

自然に相手に自分を見てもらおうとするとだいたいこんな角度になる気がします。

ナンパを特別に考えるからいけない。

また、距離についてですが、これも見ていると近い人が多くいます。

(これについては自分も人のこと言えません。)

距離は自分が街で他人に話しかけられて不快に思わない位置がベストでしょう。

ナンパだと思わず、人間的な感覚で考えればそれが正解な気がします。

(自分は腕1本半以上は空けるのがいいと思っています。)

ポジショニングについてはいま練習中であり、考察中です。

自分なりの答えがまとまったらブログ記事にしたいです。

②オープナーはめっちゃ自然に

これも自分が最近心がけていることです。

自分が街を歩いている時に思ったのですが、

○キャッチやアンケートをお願いしている人に声をかけられたとき

→無視or「大丈夫です」と断る。

○道に困っている人などに声をかけられたとき

→すぐに話を聞く態勢になる。

どちらも、反射的に行っていることに気付きました。

これは先日あった出来事なのですが、

1人で歩いていると、2人組の男たちに

「上京したばかりで分からないから、合コンとかで使えるいい感じのお店を教えてほしい。」

と言われました。

言われるがままに自分のおすすめのお店を教えて、少し話したあと

「今度合コンに誘います!」

とか言われて、LINEを交換することになった。

あとで知ったことなのだが、これは最近はやっているマルチの手口らしい。

後日、しっかりと怪しい飲み会に誘われたw

なんで、何の疑いもなくLINE交換しちゃったのかなって考えたら自然だったからだと思った。

恐らく、最初からマルチっぽい感じだったら間違いなくLINE交換なんてしてない。

これって、ナンパも同じじゃん!と思いました。

オープナーにセリフっぽさがでてしまうとオープン率は間違いなく低くなります。

キャッチを無視するのと同じで、ガンシカor「大丈夫です。」と言われるのがオチですw

ではなく、自然さが大事です。

自分は自然さを出すためにオープナーをあえて固定していません。

ターゲットとなる女の子を発見したらよく観察して、持っている物や着ている服、歩き方、しぐさなどいじれるものを探して声をかけています。

これが、なかなか難しく絶賛練習中ですw

ですが、ターゲットを観察して声をかけることで自然さを確実に出すことができます。

自然さを出すことは固定オープナーを使用しても可能です。

抑揚や大げさに言うことを心がければセリフ感は消えると思います。

ポイントは、あなただけに言ってる感を出すことですね。

そういう気持ちで声をかけるのが重要だと思います。

以上のことを心がけてしばらくはストナンしていこうと思っています。

今回、説明したことは①はテクニック、②はテクニックとマインドどちらも含まれてますね。

ナンパはマインド8割、テクニック2割と言われています。

それだけナンパはマインドだってことを忘れないように!

(自分に言っています!w)

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。