ナンパ師の必需品⁉ICレコーダーを持った方がいい3つの理由

どーも!

最近、物を使ったナンパが一時的なマイブームになっているパーマです。

ちょっとした小道具を使って女の子を楽しませる感じですね。

物っていってもドロップアプローチだけじゃないです。

いま自分なりにいろいろ考察中ですw

ってことで今日はICレコーダーを持った方がいいよってことを話していきたいと思います。

自分の周りでみたら持っている人は3割ぐらいですかね。

(もっと持っている人は多いかもしれません。)

じゃあ、なんでパーマは持っているんだよって話ですが実はちょっと怖い経験をしたからなんですよね、、、

ICレコーダーを持つようになった経緯

こちらの記事で詳しく書いた記事!

こんにちは! 最近、品川のキープの家に居候しているパーマですw 自分の家にあまり帰ってませんw ちなみに品川のキープの子を...

こちらでは簡単に説明します。

ある朝方4時ごろの渋谷。

声をかけた女の子がシャワーを浴びたいと言ったので、関係を構築しないままホテルへ。

シャワー浴びたのち、寝始めたのでギラつき。

ノーグダで即。(このとき女の子もノリノリ)

朝、起きると女の子は少し泣いており先に帰られる。

後日、渋谷で再び遭遇。気付かず、声かけ。

しばらく平行トークした後、お互い会ったことがあることに気付く。

「強姦した奴」、「死ね」など言われる。

こんな感じですw

今回は訴えられることはありませんでしたが、少し怖かったです。

性行為については無理やりではなかったのですが突然、豹変することもあるのかもしれません。

そんな時にICレコーダーを持っていれば解決できます!

今回の例であればホテル内での音声を撮っておけば無理やり出ない証拠になります。

このようなことを考えて、僕は購入を決めました。

ICレコーダーを持った方がいい3つの理由

①安全性や防犯面を考えて

これは、さっき書いた通りですね。

例えば、ホテル内での音声を撮るときに「挿れていい?」って聞いて許可をもらえたら同意のもとの行為になります。

ホテル内であれば服の中にICレコーダーを入れたままでも録音されます。

(機種ごとの多少の差はあるかも)

他にも美人局の被害にあった時、声かけの際に迷惑行為をされたと訴えられた時、またスカウトの人とトラブルになった時に音声が自分の身を守るための証拠になりえます。

ナンパは必ずしも世間から賞賛される行為ではないので、なにが起きても自分の身を守る手段が必要です。

そういった意味でもICレコーダーは自分の身を守ってくれるかもしれません。

②自分の音声を振り返ることができる

皆さんは録音した自分の声を聞いたことがありますか?

聞くと自分の声に少し気持ち悪さや、違和感を感じたりします。

自分の場合、俺の声ってかっこ悪いなwって感じましたw

他にもそう感じる人が多いみたいです。

まあ、これが他人が聞いてる声です。

受け止めましょうw

なにやら、「気導音」と「骨導音」とかいうのが関係して自分が話している時に聞く声と他人が聞いたり、録音での声は異なって聞こえるみたいです。

それに、加えて自分の声かけ音声を初めて聞くと、恥ずかしいというか気持ち悪く感じます。

僕はそうでしたw

女の子には実際にそう聞こえてるわけですので、それを受け止めてダメな部分は改善していきましょう。

ただ、何も考えずに声かけするよりも成長は早いはずです。

③他人に音声を聞いてもらえる

これもICレコーダーを持つ大きなメリットです。

声かけをするときに自分だけだと、どこが間違ってるとか気づきにくかったりします。

そんな時に他人に聞いてもらうと改善点が見つかったり、意外な発見があったりします。

僕の場合はいい感じにオラオラ系があるって指摘されたことがあります。

自分では全く意識したことがなかったのでめっちゃびっくりしましたw

こんな新しい自分のいいところも見つかるかもしれませんw

気になるお値段は、、、

お値段ははっきりいって様々です。

3000円代のものから15000円近くするものまであります。

パーマが実際に使っているのはこちら!

↑特に不具合なく使ってる

こちらは周りで使ってる人が多いです!

↑容量がめっちゃ大きい

この辺は自分の好みで選べばいいと思います。

このように様々なメリットがあるICレコーダー。

ここに挙げた以外でも勉強会の音声を録音できたりといいことばっかり。

(こちらは、その場にいる人に許可もらった方がいいですね。)

まだ、持っていない人は今後も活動を続けていくようでしたらお一ついかがでしょうか?

※パーマはICレコーダーの業者とは無関係ですw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。